賃物件で事務所を~居抜き物件で飲食店を開業~価格の傾向について

素敵な物件居抜き

ビルの間から見える建物

居抜き物件の流れについて

居抜き物件とは、貸し店舗などで前のオーナーが設置した設備を譲り受けることができる物件のことです。居抜き物件のメリットとしては、借りる側では前の設備を利用できるので、設備投資に掛かる費用を節約することができ、また店舗を用意する期間を短くすることができるといったものがあり、前のオーナーについても原状回復工事の費用を抑えることができ、退店費用を節約でき、設備を造作譲渡することになるので、いくらかの費用回収を行えるメリットがあります。居抜き物件が主に行われる分野としては、飲食店や小売店が中心で、特に零細の飲食店などで盛んに行われています。特に都会部での取引が活発ですが、退店費用を節約できることから地方でも行われています。

利用するさいの注意すべき点

居抜き物件にはメリットも多くありますが、同時に利用するさいには注意すべき点も多くあります。居抜き物件の最大のデメリットとしては、その設備がこれから利用するのに適しているかどうかがありますし、設備の移動が難しい場合にはレイアウトが制限される場合があります。また造作譲渡ですのでそれなりの代金を支払う必要がありますが、値段に関しては前のオーナーの言い値に近いものがあり、計算すればスケルトン物件を購入して設備を導入した方が費用が低くなるというケースがあります。また前のオーナーのお店のイメージを引きずる点にも留意が必要です。一方で、上手に利用すれば固定客の獲得にも繋げることができますし、あらかじめ人の流れなどを把握することが出来るといったメリットがあります。