賃物件で事務所を~居抜き物件で飲食店を開業~価格の傾向について

居抜き物件とは

企業説明会に参加

原状回復義務がないのが居抜き物件の特徴

一般的な住居や店舗は元の状態にもどす原状回復を行なうことが一般的な義務となっています。売買物件でもビルの一室などを区分所有する時はおおむね同様のルールがあります。しかし一部の店舗用物件の中には、この原状回復義務が免ぜられているものもあります。つまり前のテナントが使用していた設備や什器等がそっくり残ったまま貸し出されたり売りに出されたりしている物件です。こうした物件を居抜き物件といいます。居抜き物件は飲食店・旅館・理髪店などに多く、また貸工場などにも一部見られます。不動産情報などをチェックしていると物件詳細欄に必ず「居抜き」という表示がしてあります。

経費を節減できるほか、顧客を得やすいという側面も

店舗用の居抜き物件に入居し、設備等をそのまま引き継いでお店を開くことを居抜き出店といいます。居抜き出店は、テナントにとっては新たな設備投資を行ったり開店準備に手間をかけることなく事業をスタートできるというメリットがあります。できるだけ低コストで出店したい人に居抜き物件は高い人気があります。居抜き出店が特に多いケースは飲食店です。焼肉店のロースター付テーブル、バーのカウンター、ラーメン店の寸動鍋などは非常に高価です。居抜き出店ならばこれらの設備や什器を新たに買い揃える必要がないので、経費を大幅に節減することができます。また、前のテナントと同じ業種の店であれば、その場所に焼肉店やバーがあるということに対する認知がある程度進んでいるので、開店してすぐに顧客を獲得しやすいというメリットもあります。