賃物件で事務所を~居抜き物件で飲食店を開業~価格の傾向について

高いビル

便利な賃物件

段差があるビル

貸事務所に見られる価格の傾向について

貸事務所とは、一般的な事務所とは異なり手軽に賃貸できるものです。通常であれば、ある程度の広さを備えて賃貸料もそれなりに必要となり、また入居にあたっては保証料を必要とするものです。つまり、かなりの費用を必要とするわけです。その一方で貸事務所の場合には、まず賃貸期間を短くすることもできますし、部屋の広さも机ひとつ分といった少スペースから借りることができるものとなります。さらにはオフィスとして利用する賃貸料も比較的に安めとなっているのが特徴となります。賃貸料金の金額の傾向としては、バブル崩壊後の不動産価格下落を受けて安値で推移するものとなっています。最少のスペースともなれば、起業したばかりの人が多く利用するものとなっています。

貸事務所はもともとは、都心で活動拠点を持ちたい地方企業が利用するものという面をもっていたものです。電話代行と組み合わせることによって、顧客から掛かってきた電話は転送され、郵便物も転送される形で都心部の企業という安心感を与えることになるわけです。やがて極めて少ないスペースで区切られたブースを借りるというスタイルが増えることとなります。ほんの僅かな賃料で信用を得ることが可能となるわけです。そしてそこにはネット環境やFAX、コピー複合機などを自由に使えるようになっています。貸事務所はこれまでのようなバーチャルなものではなく、実際に荷物を置いてオフィスとして使用でにる作業し易いスタイルとなってきているわけです。

オススメリンク